×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

服を長持ちさせる

トップページ衣類の節約術 > 服を長持ちさせる

毛皮の手入れの仕方

毛皮は、普通の衣服以上にホコリや汚れを吸い込みやすいです。

ですから、着た後はすぐにブラッシングする習慣をつけましょう。

特にホコリがつきやすいのは、毛の付け根です。

逆毛を立てるようにブラッシングしましょう。

そして、マメに陰干しすることが毛皮を長持ちさせるコツです。

時々、扇風機などで風を当ててやることも大切です。

節約3つ

礼服の手入れの仕方

礼服は、帰宅して脱いだらとりあえずハンガーにかけましょう。

これは湿気を取るためで、最低1日は吊るしておいたほうがいいです。

その後に、明るい場所に広げて、汚れの点検と手入れをしましょう。

真っ黒な生地でも、明るいところだと汚れがはっきり分かります。

手入れは、ウールはブラッシング、

シルクはビロードの布かキレイなタオルで汚れた部分を叩くといいです。

節約2つ

別珍やベルベットにアイロンはNG

別珍、ベルベット、コーデュロイといった布地は長く着ていると、独特の光沢や布地の持つ温かみがどんどん失われていってしまいます。

それを防ぐためには、まず第一に折りたたんでたたみジワをつけないことです。

また、洋服ダンスにかけるときは、他の衣類から少し離して吊るしギュウギュウづめにしないことが大切です。

節約2つ

服を長持ちさせる