×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

車の維持費の無駄を省く

トップページ車の節約術 > 車の維持費の無駄を省く

車が本当に必要か考えましょう

まず、あなたにとって車が本当に必要か考えてみましょう。

車を持つと、保険料・車検代・税金・駐車場代など維持費だけでもかなりのお金がかかってしまいます。

仕事や交通手段として、車が必要不可欠ならしかたがないけれど、たまの休日に乗るだけならレンタカーを利用しましょう。

それほど車というものは金食い虫なのです。

車の維持費の無駄を省く

節約5つ

あなたに合ったカーライフが実現!カーシェアリングがお得です。

三井物産グループのカーシェア「カレコ」

軽自動車で維持費軽減

遠出をするにはちょっとキツいかもしれませんが、日頃、家の近くを乗り回す程度なら、軽自動車にしてみてはどうでしょうか?

軽自動車は、普通自動車に比べて、維持費が安くすみます。

自動車取得税は6割、自動車重量税、自動車税は2割程度、さらに燃費が良く、保険料や車検代も安い。

普通自動車より軽自動車のほうが、年間の維持費が10万円ほど安くなるはずです。

最近の軽自動車は昔の車と違って内装をめいいっぱい広げていますので空間も広くなっています。

車の維持費の無駄を省く

節約4つ

駐車場の契約の前に

駐車場には、コンクリートのところもあれば、土のところや砂利のところもあります。

月極め駐車場の場合、コンクリート床のところが、駐車場代が高く設定されています。

駐車場代を安くしたいが、車を長持ちさせることを考えて、ここはコンクリート床の駐車場を選びましょう。

なぜ、コンクリート床がいいのか?

それは水ハケです。

水ハケが悪いと、水がその場で蒸発します。

そのため、車体の下回りにサビが発生して、傷みやすくなってしまうのです。

コンクリート床でも、傾斜があって、車の下に水が溜まるようなところはダメです。

駐車場契約する前は、床の傾斜やくぼみをしっかりチェックしましょう。

車の維持費の無駄を省く

節約3つ