×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

有利に売買する

トップページ車の節約術 > 有利に売買する

車内の喫煙は査定のマイナスポイントになる

中古車業者に車を下取りしてもらうとき、必ず査定を受けることになります。

査定では、走行距離、キズの程度など、たくさんのチェックポイントがあります。

そして、禁煙車かどうかも大きなポイントなのです。

喫煙者の車は、ヤニで内装が汚れています。

また、ニコチンの臭いも染み付いています。

これらは、査定でマイナスポイントになるのです。

車を売るときのことを考えて今から車内を禁煙にしましょう。

車内の喫煙は査定のマイナスポイントになる

節約4つ

洗車をしてから売る

車を売るときは少しでも査定をよくするために洗車して車内の掃除もしておきましょう。

車が汚れていると、印象が悪くなってしまいます。

ボディのキズは、わざわざお金をかけて修理する必要はありません。

簡単な擦りキズでも、修理しないほうがいいでしょう。

修理がヘタで、再修理代としてさらに値引きされてはたまりませんからね。

軽いキズであれば水アカを消すワックスで十分キズは隠せます。

洗車をしてから売る

節約4つ

楽天の愛車一括査定!
気になる愛車のお値段は?愛車の一括査定でもれなくポイントプレゼント!

モデルチェンジ直前が狙い目

自動車の新型モデルが登場すると、旧型車の人気は落ちてしまいます。

そのため自動車メーカーは、新型モデルの発表前に、旧型モデルを売り切ろうとするのです。

ここで、一気に値引きされるのです。

本来は、オプションのパーツやアクセサリーをつけて特別仕様車として売り出すのも、旧型モデルを売るための苦肉の策なのです。

コストパフォーマンスを考えれば、モデルチェンジ直前の旧型モデルは買いです。

さあ値切りましょう。

モデルチェンジ直前が狙い目

節約3つ