×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ガス暖房の上手な使い方

トップページ公共料金の節約 > ガス暖房の上手な使い方

暖房の設定温度は20度前後に

冬の暖房温度をかなり高めに設定している人が多いようです。

なかには、24度くらいにしている人もいます。

省エネのため、温度は19度~20度にしましょう。

20%~25%にあたり、お風呂、トイレに次ぐ第3位です

少し寒さをかんじるようなら、カーディガンでも羽織れば大丈夫です。

暖房の設定温度は20度前後に

節約2つ

外出15分前オフを心がけよう

ガス暖房は、外出するときオフにするのはダメです。

一度暖まった室内の温度は、暖房をオフにしたからといってすぐには下がりません。

これでは、誰もいない部屋がしばらく暖まっていることになり、もったいないですね。

そこで、出かける15分前に暖房をオフにしましょう。

1日4回の出入りがあるだけで1時間の節約ができます。

室内には暖かい空気が当分残っているので、それで十分。

外出15分前オフを心がけよう

節約2つ

扇風機を使ってガス代をおさえる方法

扇風機は夏に使うものだが、冬にガス暖房と併用することができる。

そんなとき、すぐに温度を上げるスイッチを押してはいけません。

実は、暖かい空気は軽いために、天井のほうに舞い上がっているだけ。

床で寝そべっていると寒くかんじるのはこのせいです。

では、床のほうまで暖かい空気を回すにはどうすればいいのか?

そこで、扇風機活用術です。

扇風機を上に向けて、空気をかき混ぜましょう。

すると、部屋全体がポカポカになり、ガス代の節約にもなります。

扇風機を使ってガス代をおさえる方法

節約2つ